ゲルクレンジングの特徴

クレンジングにはゲルタイプとジェルタイプという似たようなものがあります。
どちらもクレンジング方法は同じで、ゲルもジェルも同じタイプのクレンジングと思う人も多いようです。

 

□使用方法
クレンジング前に手を洗い清潔にしましょう。
クレンジング剤は濡らした手で行うと洗浄力が下がってしまうので、必ず乾いた状態の顔と手で行いましょう。
中には濡らした状態でも使用できるタイプのクレンジングもありますので商品に記載されている使用方法の確認はしましょう。
クレンジング剤を適量手に取ったら、顔全体に広げてメイクと丁寧に馴染ませましょう。
力を入れる必要はないので、手の重みがかかる位の力加減で指を滑らせるようにしましょう。
メイクが馴染んで肌から浮いてきたら、ぬるま湯ですすぎ洗いします。

 

特徴としてはどちらのクレンジングも水ですすいだ後、ベタついたりせずスッキリとした使用感です。
オイルタイプやクリームタイプのようなクレンジングは、水ですすいだ後には油膜感が残るという特徴があります。
ゲルタイプのクレンジングは油膜感がありませんので、クレンジングのベタつく感じを嫌う人はゲルタイプやジェルタイプを使用してみると良いでしょう。
ゲルタイプとジェルタイプにはどんな違いがあるかといと、水分量などの成分にあるようです。
ジェルタイプは水分を多く含んでいて、それに比べるとゲルタイプの方が水分が少なめでゼリーっぽいようです。

 

ゲルタイプの良さは、さっぱりとした使用感や洗浄力の高さと言えます。
洗浄力が高いのでしっかりしたメイクをしていてもきちんと落とすことが可能なので、肌を清潔に保つことが出来ます。
クレンジング剤をすすぐのに時間が掛かったり、何度すすいでも中々ヌメリが取れないといった経験があるでしょうか。
比較的にジェルタイプは水すすげば簡単に洗い流せるのでメイクオフが楽になるでしょう。

 

ゲルタイプは洗浄力の高さから、肌に必要な皮脂などを除去し過ぎて洗顔後の肌が潤い不足になるという欠点があります。
乾燥肌に傾いてしまうので、洗顔後のスキンケアでしっかり保湿しましょう。
刺激が強く、乾燥などのトラブルも招く可能性があるので敏感肌や乾燥肌の人にはあまりおすすめはしません。
ゲルタイプのクレンジングの欠点を補うような保湿タイプのゲルクレンジングなどもあるようなので、そちらは乾燥気味でも安心して使用できるのではないでしょうか。

 

クレンジング使用時の注意点

化粧をしたら、クレンジングを使って落とすことが必要です。長時間肌にメイクをしていると肌が疲労してしまいますので、せめて就寝前には肌を清潔にするとよいでしょう。
クレンジングは洗顔の前に使用します。クレンジングの選び方でもかなりの種類があることからいろいろなタイプがありますので、メイクの度合いや肌の状態に応じて使用することが大切です。クレンジングの選び方や正しい使用方法をすることで、肌の状態がグンと違いますので実践するようにしましょう。
クレンジングには種類があります。ポピュラーなものはオイルクレンジングやクリームですが、オイルタイプは乾燥肌の人はオイルタイプは合わないことがあります。最も手軽なのはシートタイプですが、力任せにふき取ってしまうと肌に負担がかかりますので注意が必要です。肌質に合った製品を選ぶとよいでしょう。
クレンジングを使用する場合には、メイクをした部分はもちろん、こめかみ、もみあげ、アゴ、など素肌との境目までしっかりとクレンジング剤をなじませることが大切です。洗顔料では落ちにくいので、落とし残しは肌トラブルの元になります。
また、肌に塗布する場合には乱暴にしないようにしましょう。適当にこすり付けて落とすのではなく、優しく丁寧にクレンジングにメイクを吸収させるようにします。クレンジングにメイクがすっかりなじんだらお湯ですすぎ落としましよう。拭き取りタイプの場合には、肌に押し付けるようにしてクレンジングを吸い取ります。決し力任せにふき取らないことが大切です。
そして、クレンジングのあとは必ず洗顔をすることも忘れないようにしましょう。